ボウリングの遊び方(初心者の方にもわかりやすく解説)
  • BOWLING

    ボウリングの遊び方
    (初心者の方にもわかりやすく解説)

  • ボウリングの遊び方・ルール・得点・禁止事項・マナー・ボウリング用語

ボウリングは誰でもできる、初心者にも楽しめるスポーツです。実力に関係なくみんなで楽しめるように、ボウリングの遊び方やルール・マナーを紹介いたします。

ボウリングの遊び方

ボウリングは、

ボールを転がして10本のピンをいかに多く倒すかというゲームです。

ボウリングのルール

ボウリングを遊ぶために必要な3つのルール

RULE 1

1ゲームは10フレーム

1ゲームの最高得点は300点で、すべてストライクを取ることで達成できる。

RULE 2

1フレームにつき2投

ストライクの場合は、次の人と交代。最後は、スペア・ストライクだと3回投げられる。

RULE 3

合計得点が高い方が勝ち

10本のピンを倒した本数によって得点が加算され、10フレームの合計得点で勝敗が決まる。

得点について

得点の計算方法

基本はスコアを加算するだけですが、ストライクとスペアでは得点の計算方法が異なります。

ストライクをしたフレームの得点:次の2投分で倒れたピンの数を加算する10点+(次の1投目の得点)+(次の2投目の得点)
スペアをしたフレームの得点:次の1投目で倒れたピンの数を加算する10点+(次の1投目の得点)

得点の計算ができなくても大丈夫!

点数の計算は機械が自動でやってくれるので、お客様は投げるだけで得点が画面に表示されていきます。

ボウリングの禁止事項

ボウリングでしてはダメなこと

ファールラインを踏んだり、
越えたりすると反則で無得点

ファールラインを越えたり・踏んだりすると、ピンを何本倒しても点数になりません。また、レーンの表面には特殊なオイルが塗ってあるので、もしファールラインを越えて、そのオイルを踏んだりすると、すべって非常に危険です。

ドスンと放り投げないで!
ロフトボールはレーンが傷むので禁止

腰より高くボールを投げると、腕もレーンも傷めてしまいます。ボールを投げる時は、レーンにドスンと放り投げるのはやめましょう。ボールの指穴が親指のサイズよりきつめの時に起こりやすいようです。

ボウリングのマナー

ボウリングへ敬意を込めて

同時投球はしない

隣の人がボールを投げようとしている時は、終わるまで待ちましょう。同時に投げると、手やボールが当たったり思わぬ怪我のもとになります。

隣同士での投球は右側の人が優先

隣同士が同時にアプローチに上がり投球しようとした場合は、レーンに向かって右側の人を優先します。右側の人が投げ終わったら投球しましょう。

アプローチ上では飲食しない

アプローチは水分が付くと、極端に滑らなくなり、つまずいて転んだりして非常に危険です。水分がついた場合は、すぐにスタッフにきれいにしてもらいましょう。

自分で選んだボールだけを使う

ハウスボールは似たり寄ったりのボールですが、必ず自分が選んだボールのみを使用して下さい。色や重さ(ポンド)を表す数字で区別できます。

ソックスは必ず履きましょう

レンタルシューズはソックスを履いて使用しましょう。レンタルシューズは多くの人が利用します。清潔を保つためにも必ずソックスを履きましょう。

終了したらボールは元の位置へ

使用したボールは元のボールラックへ戻しましょう。レンタルシューズは貸し靴カウンターに返しましょう。

迷惑がかかるほど騒がない

ボウリングは集中が大切。ボウリング場には真剣に練習している人もいます。大声で叫んだり、過剰な悪ふざけは他のお客様に迷惑がかかりますので慎みましょう。

投球するたびアプローチから降りる

一回投げたら、その都度アプローチから降りましょう。同じように、ボールを拭く時もアプローチから降りましょう。

アプローチに2人以上で入らない

アプローチの上では重たいボールを振りますので、複数の人が入ると非常に危険です。周りのお客様にも迷惑になりますので絶対にやめましょう。

トイレなどに行く場合は靴を履き替える

ボウリングシューズはレーンでのみご使用下さい。移動する場合は他の靴に履き替えて下さい。

ボウリング用語

ストライク

1投目で全部のピンを倒すこと

スペア

2投目で全部のピンを倒すこと

ガター

1投目のボールがみぞに落ちてしまうこと

スプリット

1番ピンがなく2本以上ピンが離れて残ったとき

ダブル

ストライクが2つ続くこと

ターキー

ストライクが3つ続くこと

ミス

ピンが1本も倒れないこと(2投目のガターも同じ)

ファール

ラインを踏んだり、超えたりすること

© 2015 AOYAMA SPORTS GARDEN All Rights Reserved.

ページトップへ戻る